風俗店売買、開業ならデリヘルM&Aのやわらぎ倶楽部へご相談ください。デリヘルなど風俗やメンズエステのM&Aを行っております。やわらぎ倶楽部は安心の成果報酬型ですし、他社と比較し仲介手数料を抑えることができます。M&A仲介、風俗営業許可などの風俗店開業申請代行、不動産媒介、店内不用品買い取り・回収・引っ越しのご相談なども承っております。経験に基づき買収後のサポートも行っております。
お気軽にお問い合わせください
TEL:03-5759-4345
受付時間 11:00~20:00(日祝日・休)

 この記事は約 2 分で読めます。

高級店の服装とは

高級店と言っても、ハコモノについてはドレスなどの衣装に着替え接客するため、経営者が悩むことはあまりないと思います。

問題は派遣型風俗店です。基本的に通勤着=接客着です。
格安店であれば、カジュアルな服装でも容認されると思いますが高級店となると、それなりにキチンとした服装をと言うことで、ドレス・コードを設けているお店が多いようです。

ヒール必須、スカート着用、ストッキング着用などボトムについては、一定の基準を作りやすいのですが、トップスをどうするかで悩んでいると言う高級デリヘル店のオーナーがいます。

ドロップショルダーってどうなの?

昨今の流行ファッションと言えばオーバーサイズ、ルーズフィットで、GUやユニクロなどの「プチプラ」を中心としたものでミドル~ハイブランドには関係ないと思われるかもしれません。
あくまで、カジュアル着を中心とした流行で、高級店の服装としては認めないと・・・

確かにオーバーサイズ服の流行は10年間隔で周期的に流行ってきましたし、ずっと続く感じはしません。
しかし「ドロップショルダー」のトップス、アウターはハイブランドでもかなりの比重を持っていますし、今後も定着しそうな気がします。

「ドロップショルダー」とは袖丈はやや短めで代わりに肩幅がレギュラー物より10センチ以上、結果「萌え袖」になります。
これが「バブル世代」のオーナーに受け入れ難い産物のようです。
バブル世代と言えば肩パット世代、今の流行は真反対です。
肩がダランとしたドロップショルダーはだらしないと言う印象を持ってしまうと言うのです。

でも高級ブランドのコートも今やドロップショルダーが主流です。
バブル世代には受け入れがたいものと言うことは分かります。
若者ファッションであり、私自身も着る気になれません。なで肩ファッションよりいかり肩ファッションが好きなのです。

しかし、時代には逆らえません。全体的に清潔感のある服装であれば高級デリヘル店の服装として問題はないのではと思います。

このお客様の担当者

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部
お客様の声一覧