風俗店売買、開業ならデリヘルM&Aのやわらぎ倶楽部へご相談ください。デリヘルなどの風俗のM&Aを行っております。やわらぎ倶楽部は安心の成果報酬型ですし、他社と比較し仲介手数料を抑えることができます。M&A仲介、風俗営業許可などの風俗店開業申請代行、不動産媒介、店内不用品買い取り・回収・引っ越しのご相談なども承っております。経験に基づき買収後のサポートも行っております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5904-8651
受付時間 11:00~21:00(日祝日・休)

 この記事は約 2 分で読めます。

潰れそうなデリヘルの共通点

無店舗型性風俗であるデリヘル。
繁盛させるための手法は一通りではありません。
エリアや業態によっても変わってきます。
しかし、潰れそうな店には悲しいことに共通点があるのです
ただし、新規立ち上げに失敗する例と既存店で徐々に業績が悪化してきている店とはその理由は違います。

やわらぎ倶楽部にも日々、新規立ち上げがうまくいかない、隆盛を誇った店の業績が悪化しているなどの相談が寄せられています。
当社は色々なオーナー様の相談を受けておりますが、そこに明確な共通点があることを発見しました。
後ろ向きな記事ではありますが、反面教師としてお読みいただければ幸いです。

次回から新規店と既存店に分けて掲載したいと思いますが、その前に店舗型風俗を取り上げない理由にも少し触れておきます。

店舗型風俗が潰れるのには外的要因も

店舗型風俗の場合、経営状態が悪化したと言っても自助努力で、どうにもならない場合があります。
郊外型の店の場合、区画整理や再開発によって街が大きく様変わりし、人の流れが変わってしまったと言う現象が起こります。
既得権営業しか認められない現状では移転もできませんし、街の変化とともに消え去った店も多いと思います。
都心型の店でも街のトレンドが変わってしまい、周囲に存在する店やビルの移り変わりにより、街自体が風俗に似つかわしくなり、徐々に店が減少してしまったと言う現象が見られます。
大型摘発により街自体の風俗が壊滅してしまった横浜や西川口のような例もあります。
よって、今回は店舗型風俗やメンズエステ店は取り上げません。

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部
やわらぎ倶楽部
お客様の声一覧