風俗店売買、開業ならデリヘルM&Aのやわらぎ倶楽部へご相談ください。デリヘルなどの風俗のM&Aを行っております。やわらぎ倶楽部は安心の成果報酬型ですし、他社と比較し仲介手数料を抑えることができます。M&A仲介、風俗営業許可などの風俗店開業申請代行、不動産媒介、店内不用品買い取り・回収・引っ越しのご相談なども承っております。経験に基づき買収後のサポートも行っております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5904-8651
受付時間 11:00~21:00(日祝日・休)

 この記事は約 2 分で読めます。

お客様のご意見

広告批評をお読みいただいているデリヘル・オーナーから、こんなご意見がありました。
「広告比較」をしてくれると分かりやすいのだが、例えば地域媒体対決「ホットジャム」VS「ピーチ」や高額媒体対決「シティヘブン」VS「デリヘルタウン」など

なるほど言われてみれば前者はその方が分かりやすかったかもしれません。
しかし、後者はシティヘブンにあまりに失礼かなと。
シティヘブンが風俗広告界のアメリカとすると、専門媒体のデリヘルタウンなど韓国でしょう。
クレクレ君で自分の要望だけを通そうとする困った隣人、勘違い国家の韓国程度です。

ちょっとVSを考えてみます

上記のお客様のご意見を踏まえて、すでに取り上げた媒体の中にもこんな切り口があったかもしれません。
例えば 抱き合わせ販売対決 「ガールズヘブン」VS「ぴゅあじょ」
同門対決 「風俗じゃぱん」VS「デリヘルじゃぱん」など

シティヘブンの販売会社インサイドアウトの社員が以前こんな話をしていました。
「ウチのライバルはカクブツさんぐらいしかいません!風俗じゃぱんやデリヘルタウンはライバルじゃないです」
なるほど大手AVメーカーSODが運営するサイトにはさすがのヘブンも敬意を示しているようです。
ヘブンをアメリカと言うならカクブツはさしずめドイツですかね?
でも「カクブツ」や「シティヘブン」は単独で取り上げたい媒体です。

下記のようなVSが分かりやすそうなので、ちょっと考えてみます。

高級デリヘル媒体対決 「高級デリヘルTOP10」VS「高級デリヘル.JP」
ホテル媒体対決 「ホテルⅮEデリヘル」VS「デリヘルが呼べるホテル」
同門対決 「高収入ドットコム」VS「365女子マネー宣言」

 

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部
やわらぎ倶楽部
お客様の声一覧