風俗店売買、開業ならデリヘルM&Aのやわらぎ倶楽部へご相談ください。デリヘルなどの風俗のM&Aを行っております。やわらぎ倶楽部は安心の成果報酬型ですし、他社と比較し仲介手数料を抑えることができます。M&A仲介、風俗営業許可などの風俗店開業申請代行、不動産媒介、店内不用品買い取り・回収・引っ越しのご相談なども承っております。経験に基づき買収後のサポートも行っております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5904-8651
受付時間 11:00~21:00(日祝日・休)

 この記事は約 2 分で読めます。

男性誌系媒体

三大男性週刊誌と呼ばれるのが「週刊実話」「アサヒ芸能」「週刊大衆」です。
もちろん21世紀になり右肩下がりで発行部数を落としています。
実際これらの雑誌を読んでいる人を目撃することはほとんどありません。

今回取り上げるのは週刊誌系列の風俗サイト「アサ芸風俗」「風俗大衆」です。
双方とも紙と連動しており、週刊誌にもオマケで広告が載りますが紙の効果はほぼありません。

「風俗大衆」はお勧めしません!

こちらの料金は3万円と10万円の2コースに分かれます。
しかし3万円コースは無料掲載に毛が生えた程度と思っていただいてけっこうです。
10万円コースはまったく鳴らないというわけではありませんが、10万円に見合った効果はないと思われる媒体です。

さらにここの販売元が取引要注意のアドネストです!
前身の「日刊大衆FZ」では架空アクセスを1日70~80件飛ばしていました、直帰率ワースト1媒体でした。

掲載するなら「アサ芸風俗」

こちらは掲載料金が3万円でしかも版元から申し込むとキャンペーン価格が適用されるようです。
風俗大衆の10万円に比べかなりコスパが良くなっています。
少なくとも掲載料金に見合った反響は取れます。
「風活レポ」と言う取材も付きます。コンテンツの少ない新店にお勧めです。

要注意点は女の子のサムネイルが正方形であることです。つまり正方形の写真を用意しなければなりません。
現在、有名風俗サイトの大部分が長方形(4:3)です。
更新ソフトに頼ると4:3の写真が端が白くなった状態で載り、みっともないことになります。
つまり個別更新を怠る店には全く向かないサイトです。

このサイトは「アサヒ芸能」の読者だったおじさんがかなり見ています。
ですから、比較的顧客の年齢層が高めのお店には向いています。

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部
やわらぎ倶楽部
お客様の声一覧