風俗店売買、開業ならデリヘルM&Aのやわらぎ倶楽部へご相談ください。デリヘルなどの風俗のM&Aを行っております。やわらぎ倶楽部は安心の成果報酬型ですし、他社と比較し仲介手数料を抑えることができます。M&A仲介、風俗営業許可などの風俗店開業申請代行、不動産媒介、店内不用品買い取り・回収・引っ越しのご相談なども承っております。経験に基づき買収後のサポートも行っております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5904-8651
受付時間 11:00~21:00(日祝日・休)

 この記事は約 3 分で読めます。

デリヘル最強媒体だが・・・

デリバリーヘルス専門媒体にしてデリヘルに限定すれば有料掲載数日本一の集客サイトです。
受付型無店舗性風俗(ホテルヘルス)の掲載店もありますが、総合風俗サイトに比べるとホテヘル掲載数は極めて少ないのであくまで純粋な無店舗デリヘルに特化したサイトです。
以前の記事でデリヘルタウンを酷評する個人的な感想を記しましたので、今回は客観的にお伝えします!

料金体系は3万円から30万円(最上位+PR付)まで段階的に分かれています。
近年、殿様商売をしており、「シティヘブン」の悪い部分の感化を受けています。
料金の高額化により現実的には以前の倍の料金を払わないと広告効果が薄くなっています。
都心部だと最低限Sコース(12万円)でないと鳴りが期待できない状況です。
3年位前は6万円コースでまずまずの反響が取れていたと思います。

上位表示更新は無く、コースごとの掲載経歴の長い順です。
コンテンツは写メ日記のみです。
お知らせはコースにより回数が違いますが一日数十回更新できます。ただし、これは一生懸命やってもあまり効果はありません。
写メ日記の方を頑張りましょう。

認証ページにタウンのENTERボタンを付けたり、TOPページに写メ日記を張り付けるとランキングが上がるようですが、筆者は大嫌いなので絶対やりません!
デリヘルタウンを絶対的な媒体と考えられる方は実施してください!
頭の悪い広告代理店のあんちゃんに勧められた程度なら、やらない方が良いです。

デリヘルタウンのデメリット

デリヘルタウンは直販をしていません。ですので掲載依頼は代理店経由です。
それだけに他の媒体では絶対ない広告代理店を保護するシステムがあります。
広告代理店を変更する場合、1か月間掲載が停止されるのです。
また、代理店変更により間が空くと新規扱いになりますので、掲載順位が各コースの一番下になってしまいます。

どうしようもない広告代理店を切りたいと思っても「デリヘルタウン」だけは代えられないという事が起こります。
筆者も悪名高きIMCとタウンだけは付き合わざるを得なかった苦い思い出があります。

もう一つ困るのが他社コンテンツのリンクの禁止です。
貼っても良いのですが、その場合デリヘルタウンの画面から自店オフィシャルサイトへのリンクが削除されます。
当然これでは広告効果が大きく落ちますので、タウンの言いなりにならざるを得ないのです。

この媒体と付き合うべき?

腐ってもタウン、デリヘルにおいては必須媒体ではあるのですが、現在の料金体系でコスパが見合っているかどうかは甚だ疑問です。

タウンに高額料金を払うぐらいなら、その分「シティヘブン」の高額コースに費用投下するという方針のお店も結構あるようです。
ヘブンは他社コンテンツのホームページリンクについてはタウンのような横暴なことは言ってきません。

横暴なタウンは止めて、他の広告方法を考えるのも一法です。

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部
やわらぎ倶楽部
お客様の声一覧