風俗店売買、開業ならデリヘルM&Aのやわらぎ倶楽部へご相談ください。デリヘルなど風俗やメンズエステのM&Aを行っております。やわらぎ倶楽部は安心の成果報酬型ですし、他社と比較し仲介手数料を抑えることができます。M&A仲介、風俗営業許可などの風俗店開業申請代行、不動産媒介、店内不用品買い取り・回収・引っ越しのご相談なども承っております。経験に基づき買収後のサポートも行っております。
お気軽にお問い合わせください
TEL:03-5759-4345
受付時間 11:00~20:00(日祝日・休)

 この記事は約 3 分で読めます。

飲食店に入ると・・・

飲食店に行くと入口付近にアルコール消毒液が置かれ、店員から「アルコール消毒をお願いしま~す」と声がけをされることも多い昨今、本当に意味があるのでしょうか。
いつもテレビに出ている教授たちによれば「ジャブジャブとアルコール液を付け、数十秒かけて手指消毒をすれば効果があります」
ボトルを1プッシュ2プッシュしてササッと手指を擦ったところで効果はない「おまじないみたいなものです」と言うことです。

店側からすれば感染症対策をやってます感を出すためのものということでしょう。
ですから効率的な換気や蜜を避け、飛沫が飛ばないことを心がけることが肝要かと思います。

あるデリヘル店で内勤、ドライバーを含めたクラスターが発生し、数週間の休業を余儀なくされたというお話を聞きました。
それを踏まえて次項でデリヘルにおける感染対策を述べます。

感染対策(デリヘル店の場合)

大型店になると女の子だけで毎日数十人、そこに内勤、ドライバーなど多くの関係者が出入りします。
最悪、キャストに感染者が出ても内勤・ドライバーに感染者が出なければキャストを入れ替えて営業は出来ます。
しかしスタッフに感染者が出ると一大事です。
デリヘルは集団待機や車での集団移動などクラスター発生の素地を抱えています。

➀洗面所利用に要注意!
富岳による検証で、最も飛沫が飛ぶのは歯磨きであるという発表がありました。
出動前に歯磨きをするキャストは多いと思います。しかし、ここに最も大きなリスクがあるということです。
使用後消毒を毎回すると言ってもまずむりでしょう、ですから洗面所利用は時間を空けることが大事と思います。
都営地下鉄の運転手クラスターは洗面所感染が疑われています。

➁待機所、車内は常に喚起を行い私語を慎む。
個室待機を行っている店であれば問題は少ないと思いますが、集団待機のお店も多いのが実情です。
ある有名店で古くから「私語禁止」となっているお店があります。
そもそもの目的は顧客の負の情報交換を避けるためだと思いますが、コロナ感染対策としても有用でしょう。

移動時において、数名のキャストを巡回ピックアップするドライブ・スタイルをとっているお店も要注意です。
待機所よりさらに狭い空間で業務連絡の会話もしなければならないので、窓開け走行が必須です。

キャストが感染してよいわけではありませんが、スタッフ・ドライバーのクラスターは店の存続に関わります。
おまじないのアルコール消毒などではなく、真の対策を行って業務に励んでいただれば幸いです。

このお客様の担当者

このお客様の担当者

やわらぎ倶楽部
お客様の声一覧